recruit logo

    Newsroom企業・経営

    IndeedとGlassdoor、2023年の採用と職場に関するトレンドレポートを発表 「一部の国では人材採用難が今後数年間は続く」と予想

    2022年11月17日 | Indeed

    企業に求められるのは、労働市場の変化に対応する力
    リモートワークの実現、競争力のある給与と充実した福利厚生、従業員幸福度につながる投資、DEIへの取り組みなどへの期待が高まる

    20221117 021

    世界No.1求人サイトを運営するIndeedと、仕事と企業に関する透明性を高める情報の提供で世界をリードするGlassdoorは、「Indeed/Glassdoor 採用と職場に関するトレンドレポート 2023」外部サイトへを発表しました。同レポートでは、労働市場の逼迫と不安定な経済状況が差し迫っていることを踏まえ、今後の労働市場のトレンドや働き方の将来予測を国際的な視点から解説しています。同レポート内で最も注目すべき内容は、今後数年間は主要な業界における労働力供給の逼迫が続くだろう、という点です。多くの先進国では、持続的な移民の受け入れや労働生産性の向上、そして潜在労働力の活用に注力しない限り、今後も労働市場の逼迫が続くと考えられます。リクルートホールディングス外部サイトへのグループ企業であるIndeedとGlassdoorが、両社の経済研究チームが持つデータを活用し、労働市場のトレンドを分析したレポートを共同で作成したのは、今回が初めてになります。

    同レポートでは、今後数年間にわたる5つの主要な労働市場トレンドを説明しています。以下の5大トレンドは、今後数年間の景気変動や、この先訪れる可能性のある世界的な景気後退の影響を受けても持続すると予想されます。

    #1:労働供給不足が引き続き採用に影響
    人口動態の変動や高齢化により、今後も労働市場の逼迫が続き、働き方の変革を求める声が強くなるでしょう。労働供給不足の問題も継続することから、一部の業界では今後数年間にわたり人材採用難が続くと予想されます。

    #2:リモートワークの浸透
    リモートワークが可能な職種においては、リモートで働く人の数は増加し続けると考えられます。その結果、在宅勤務が可能な仕事に就きたいと考える求職者が増えるため、リモートワークが適さない職業のおよそ3分の2においては、人材採用に苦戦することが予想されます。

    #3:労働者がより高い給与を求めるなか、福利厚生が企業の差別化ポイントに
    インフレが大きな影響を及ぼすなか、労働者はより高い給与を求めています。しかし給与を上げることができない場合もあり、福利厚生の充実を図る企業が増えています。このトレンドは、従来から福利厚生が提供されるのが一般的だった職業だけでなく、全ての職業に該当します。2019年から2022年にかけて、低賃金セクターで福利厚生として有給休暇が提供される比率は、17%から34%へと大幅に増加しています。また、全体として、メンタルヘルス関連の支援提供も拡大しています。

    #4:重要視される幸福度と心身の健康
    企業文化が人材の採用と維持の両方に大きな影響を持つことは既に証明されており、他社との差別化を図るための戦略に活用することができます。Indeedが
    最近実施した調査PDFダウンロードによれば、46%の人が、この1年で仕事上の幸福度に関する期待が高まったと答えており、86%の人が、職場でどのような気分でいられるかが私生活にも影響すると答えています。

    #5:労働力の変化に伴い、より重要視されるダイバーシティ・エクイティインクルージョン
    従業員は、ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(以下DEI)に対する取り組みをより重視するようになっており、DEIは今後も最も重視される要素になると思われます。最近の調査によると、回答した労働者のおよそ3分の2が、自分の上司がDEIに協力的でないと思われる場合には内定辞退や退職を検討すると答えています。

    「新型コロナウイルス感染症は、人々の働き方に非常に大きな影響を及ぼしました。企業のリーダーたちは、こうした変化や転換は一時的なものではないということをしっかりと理解する必要があります。多くの雇用主が待ち望んでいると思われる「平時」に戻ることは、もはやないでしょう。今回確認された5つのトレンドには、今後の労働市場、そしてニューノーマルに対する考察が含まれており、私たちが社内外から入手した確かなデータに基づいています。短期的な景気変動にかかわらず、人口動態や人々の価値観の変化により、今後数年間は人材採用難が続くことは明らかでしょう」(Indeed, Chief Economist, Svenja Gudell)

    「この2年間、世界中の企業経営者たちは、変化が激しくボラティリティが増大している社会のなかで、従業員のモチベーション向上と定着に懸命に取り組んでおり、部下をもつリーダーたちは、組織の最前線で指揮をとることを求められてきました。今後の職場の課題を解決するためには、従業員のあらゆる希望やニーズを理解するための、より確かなアプローチが必要です」(Glassdoor, Chief Economist, Aaron Terrazas)

    レポートの詳細は以下(英語のみ)をご確認ください。

    また各国における概要レポートについては以下(英語のみ)をご確認ください。

    Indeedについて

    Indeedは、世界で最も多くの求職者に利用されている世界No.1の求人サイト(注1)です。現在60ヵ国以上、28の言語でサービスを展開し、求職者は何百万もの求人情報を検索することができます。300万社以上の企業がIndeedを利用して求人や採用を行っています。またIndeedは月間で3億以上のユ二ークビジター数外部サイトへ(注2)を誇り、求職者が求人検索や履歴書の登録、企業の情報検索を行っています。そしてIndeedの採用実績は、他の有名求人検索エンジンの合計の2.5倍(注3)にのぼります。詳細はindeed.comをご覧ください。

    Glassdoorについて

    Glassdoor外部サイトへは、職場の透明性を高めることで、世界中の人々が好きな仕事と企業を見つける方法を革新しています。Glassdoorは、数百万社の企業の評価、レビュー、給与などを調べるために利用されています。また、Fishbowl外部サイトへを利用して、職場に関する率直な会話も行われています。企業は、Glassdoorを利用して求人情報を掲載し、企業ブランディングや従業員のインサイトを抽出するサービス外部サイトへを人材採用に活用しています。Glassdoorは、世界有数のテクノロジー企業であるリクルートホールディングスの子会社であり、急成長しているHRテクノロジーSBU(Strategic Business Unit)の一部門です。Glassdoorの詳細はこちら外部サイトへ

    「Glassdoor」およびロゴは、Glassdoor, Inc.の所有権付き商標です。

    (注1) comScore 2021年9月総訪問数
    (注2) 一定期間内に何らかのデバイスを使ってWebサイトを訪れた、重複しない(1回しかカウントされない)訪問者の数
    (注3) BreezyHR 2021年採用データ

    発表元のプレスリリースはIndeed外部サイトへあるいはGlassdoor外部サイトへのサイトをご覧ください。