Sustainability

環境

リクルートグループは、すべての企業活動はあらゆる⽣命の⽣存基盤である地球環境が健全であってはじめて成り⽴つと考え、様々な活動を⾏っています。特に気候変動対策については重要テーマと位置づけています。

地球環境へのコミットメント

2021年に事業活動で、2030年にバリューチェーン全体で、カーボンニュートラルを目指す(注2)

すべての企業活動は、あらゆる生命の生存基盤である地球環境が健全であってはじめて成り立ちます。私たちは、気候変動対策として、温室効果ガス排出量の削減に取り組みます。

地球環境を健全に保つため、事業活動における温室効果ガス排出量を2021年までに、バリューチェーン全体における温室効果ガス排出量を2030年までに、カーボンニュートラルとすることを目指します(注2)

  • (注1)本ウェブページに記載の年数は、その年の4月1日に開始し、翌年3月31日に終了する当社の会計年度を意味する。また本ウェブページに記載の数値は、すべて概数。
  • (注2)事業活動における温室効果ガス排出量は、スコープ1(オフィスにて直接排出される温室効果ガス)、スコープ2(オフィスにて間接的に排出される温室効果ガス)の合計。バリューチェーン全体における温室効果ガス排出量は、スコープ1、2に加えて、スコープ3(スコープ1、2を除く間接的に排出される温室効果ガス)を含むすべて。カーボンニュートラルの取組みには、温室効果ガス排出量の削減に加え、残りの排出量のオフセットを含む。

気候変動への取り組み

温室効果ガスの削減に向けて、オフィス電力の再生可能エネルギーへの切り替えや環境負荷の少ないデータセンターの活用、派遣社員を含む従業員のリモートワーク推進に取り組んでいます。バリューチェーン全体のカーボンニュートラルに向けては更なる施策を検討していきます。

詳しく見る

環境マネジメント

環境方針を定め、すべての企業活動を通じて、地球環境の保全活動に取り組んでいます。

詳しく見る

生物多様性

サプライヤーと協働し、植林事業、リサイクル活動、環境汚染防止などに取り組んでいます。

詳しく見る